nyao soft♪


♪アドレスのデータを2台のコンピュータで共有する方法


   
   
 
   
    以下の手順では仮に、UCOM(♪アドレスデータファイルが実際にあるWindows7コンピュータ)とKCOM(UCOMにある♪アドレスのデータを使用するWindows10コンピュータ)としてご説明します

WindowsXPでの設定はこちら

※2台のコンピュータでデータを共有するには、♪アドレスのライセンスが2ライセンス必要です

※このページではネットワークやセキュリティのことについて詳しく触れていませんが、ネットワーク構築の知識が必要不可欠です。むやみにネットワークの構築を行うと、外部からの進入などキケンなことも起こりえます。ネットワーク、セキュリティの知識を持った方のみご利用ください

 UCOM(♪アドレスデータファイルが実際にあるWindows7コンピュータ)

          手順1)共有の詳細設定

          手順2)データフォルダの用意と設定

          手順3)nspath.txtファイルの保存

 KCOM(UCOMにある♪アドレスのデータを使用するWindows10コンピュータ)

          手順4)共有できるか設定の確認

          手順5)nspath.txtファイルの保存


データファイルが実際にあるWindows7コンピュータ

手順1)共有の詳細設定

UCOM(Win7コンピュータ)のコントロール パネル→ネットワークとインターネット→ネットワークと共有センター→共有の詳細設定 を開き、
すべてのネットワークのパスワード保護共有を無効にします


手順2)データフォルダの用意と設定

UCOM(Win7コンピュータ)の @Cドライブを開き、AnsData フォルダを作ります。そのnsDataフォルダへ BAdd_Dataフォルダを移動させます

nsDataフォルダをマウスの右ボタンでクリックし、メニューの[プロパティ]をクリックすると、
プロパティシートが表示されますので、[共有]タブをクリックすると以下の画面になります

     [詳細な共有](A)ボタンをクリックしこのフォルダーを共有するをONにしてアクセス許可ボタンをクリック
     

     Everyoneのアクセス許可を設定します。すべてチェックONにします。Everyoneがなければ追加ボタンで追加して下さい
     

     [共有](B)ボタンをクリックしてし、everyone を読みとり/書き込み できるようにする
     Everyoneがリストになければ@Aで追加して下さい
     


手順3)nspath.txtファイルの保存

メモ帳を開いてnsDataフォルダを指定するように記述します。C:\nsData\ <注意!>最後に\マークが必要です!

正しく記述出来たら、ファイル→名前を付けて保存をクリック

@(C:)ドライブを指定して、Anspath.txtという名前を入力し、B保存ボタンをクリック

以下のように(C:)ドライブ直下にnspath.txtができれば完了です

UCOM側の設定はこれで完了です


データを使用するWindows10コンピュータ

手順4)共有できるか設定の確認

UCOMでの設定が正しく行われているかを確認します。ネットワーク内に以下のようにAdd_Dataフォルダを見ることができなければ、
設定が正しく行われていないことになります


手順5)nspath.txtファイルの保存

メモ帳を開いてUCOMのnsDataフォルダを指定するように記述します。\\UCOM\nsData\ <注意!>最後に\マークが必要です!

正しく記述出来たら、ファイル→名前を付けて保存をクリック

@(C:)ドライブを指定して、Anspath.txtという名前を入力し、B保存ボタンをクリック

以下のように(C:)ドライブ直下にnspath.txtができれば完了です

KCOM側の設定はこれで完了です

以上でUCOMで作成したアドレスデータをKCOMで編集したり、逆にKCOMで作成したデータをUCOMで編集したりすることが可能となり、ファイル共有が実現できます

※2台のコンピュータでデータを共有するには、♪アドレスのライセンスが2ライセンス必要です



   
    トップページ(ソフト一覧) | ライセンスパスワード(有料ソフトのご購入) | サポート&よくある質問(作者へメール) | リンク    
   
(C)nyao soft♪