コスモル日記

 

ホームページ

更新履歴

前の月

3月の日記

次の月

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

           

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

         

集中・開放・緊張・緩和 2008,3,31
月末&年度末さね。
そ、春っし。
私のダイアリーは4月始まり仕様だもん。

「稽古入ると集中時間が異常に長くて驚く」(宿根=あ、メグ?談)
腹も減らんし、全く疲れん。
凝り性のB型。

先日も、チラシハガキを作成中に
体感2時間なのに、実際は5時間経ってた。
「え!今はホントは一体何時?」
と、実は一日何回も思ってる。

こんな時、『竜宮城へ行き現世で禁断の箱を空けたらお爺になった男』を想う。
集中しすぎ!
…鈍い?あ、一応は進むんで許して!

日記だってよぉ
ココまでで1時間経ってんのぉ(笑)
前に砂糖(あ、マキ?)がウチのPCで日記書き早くてビックリ発見したもん

私の腕時計は5分進めてる。
先日、5年振りの電池交換で時間をリセットさる!
「ホントは何時?」か、全くわからなくなった!
妙に遅刻したり、早番の人に無言でキレられたり…
結局は、また5分進めました。

結構、前の電車に乗れたり、「あ〜焦らんでも実はまだ5分前なんだよ?」とか
得した気分になれますよん♪
5分前の女。ね。

実にバランスが悪い。
切り替えも悪い。
(人格形成は24歳までに成される)という説がもし真実ならば、このままでしょ?

5分後の女、には会えないままで。
ニアミスで。

会う人には会った事なくても会うけどね〜
☆エイプリルフール★
明日はご応募下さった沢山の方々とお会いしますでな〜
よろしくね〜
充分にいいご縁をぉ〜
14:00〜21:00まで?ってぇ…長ぁぁっ!
(ワッコ)

約束 2008,3,30
確かに私は親切でも優しくもnothingだ。
かなり意地悪で我儘でぶっきら棒だ。
シュールでBLUEで皮肉っぽいイギリス風だ。
アメリカンな陽気さやいつも楽しくOPENなのはFAKEさ。

でも約束は守りたい。
破られる事はいとも構わん。
人は千差万別、十人十色。事情も環境も個人差もあらぁ。

誰も立ち止らない場所。
それが私の愛する場所。

微々たるものでOK。
一滴の長さたるや、もう。

どこまでも続くのですから!
(ワッコ)

徒然 2008,3,27
・底意地悪い人へ⇒残念、興味なし恐怖あり
・つまらん否定を繰る人へ⇒孤独に耐えよ
・死した人へ⇒忘れさす余裕を
・消された人へ⇒お元気で
・泣く人へ⇒まず笑え
・人生へ⇒しこたま踊れ

公園の桜は、枯れ枝ばりに剪定された。
咲けるわけもない。
でも、健気にも必死に咲いている。
花が散るほど見つめる。少し真っ白な枝花が風で揺れた。
ぷるぷると笑う桜。

花びらを巻き電信柱に頭をぶつけて失神した桜。(6才頃)
初めてビールを飲んで友達と木登りした桜。(18才頃)
この桜は、いつも同じ。
何故だか、必ず花を咲かす。

あ。やばい。
ちょっと素敵な事を思い付いてしまった。やるだけやってみっか。
内緒。

この時期、また見たい桜ってのがある。
手紙書こ。
実現を桜に祈って!
ボンボヤージュ&グンナイ!!!
(ワッコ)

明治天皇? 2008,3,25
二度目に起きたら、SちゃんはBLUNCHの支度中。
いい天気。
更に眺めが最高。
迎賓館の屋根も見える。「迎賓館って何するトコ?舞踏会?」
吸込まれて、空中散歩で森ビルまで歩いて行けそうな。ピュ〜って!

何か手伝おうと布団を干そうと。「ワッコ待って待って待って」
と結局は彼女の仕事を増やす。困ったぁ。
手料理をご馳走になると、お礼で必ず洗い物はやる。
『料理好きは洗い物嫌い。掃除好きは料理嫌い。』これは実は常識ナリ。

新しい料理を振舞おうとするSを止め、昨日の残り物を平らげる。
Sの結婚式DVDを見る。(業者編集)
私、出すぎ。どこまでも出すぎ。
サブリミナル状態で「またお前かよ!もうお前はわかったよ!」と自分で思う。
汚い顔で号泣してた。もぉ…ブサイクだな、ホント!

散歩に出る。
皇居(東宮御所)の横をテクテク歩き、外苑前に。
私:「銀杏の並木道のトコ行きたい」(=トレンディドラマ世代?)
10分位で着いた。近。
Sが絵画館(私は勝手に国会議事堂?と思ってた)を気にしてた。
行ってみる。
超面白かった。(入館料\500)

明治天皇の元自宅の記念館みたいな感じ。
日本史苦手でも、絵がかなりヘンで興味わく。時代背景がいい。
200の日本画と200の洋画。(写真の代わりに絵画?)寵愛した馬の剥製。
出てすぐに「明治天皇と昭和天皇ってどっちが大変だったのかな?」と思った。
JAPANな一日だった。

並木道を歩く。
ここの銀杏の木は枝が低く多い。だから秋には見事なのか。
そこらで有名なタイカレー屋さんで甘口グリーンカレーと大辛レッドカレーをテイクアウトして、
家でヒ〜ヒ〜言いつつ玄米で食べた。
辛さが違くて結局どっちも辛い。

・南米新婚旅行の写真を見る。(マチュピチュ、すげぇ!?)
・LA〜メキシコを廻る豪華客船(16階建てエレベーター36台付・タイタニック!?)の写真を見る。
・何でも鑑定団(好きなTV)を見る。

北海道出張帰りの旦那様が帰宅し、駅まで夫婦で歩いて送ってくれた。
この世界がどこなのか?
ここはどこなのか?
日本は本当にここなのか?
わからなくなる2日間でした。

すごく遠くに行ったような。
(ワッコ)

四ッ谷? 2008,3,24
今週、泊まり多いな…
仕事後、大学時代の親友S宅へ。新居ご訪問。

生粋のお嬢のSちゃん。実家の玄関には、熊と鹿とキジの剥製。(笑)
父は無論医者。(笑)
幼い頃は、ピアノとバレエとお茶とお花。現在は日舞(藤間流=市川染五郎)の名取。
スキーは2級の腕前。

2年程前に結婚し、現在は亡き母方のお婆様が住んでいた四ッ谷へ。
築40年の元高級マンションをリフォームして、新居に。「スゴイ狭いの〜」
この家、つくりも環境も圧巻でした。
素晴しいと思う。

眺めが都心ベスビュー。
少し遠くに首都高とJR総武線が行き交う。
左方からニューオータニ・皇居・赤坂ビル郡を臨み、
右方には六本木森ビル・ミッドタウンを一望する。
高台の5階。遮る物なし。
私:「全然狭くない。二人の荷物が多い。捨てるか寺田トランクルームに預けなさいよ。」
S:「寺田トランクルームって何?響きが面白い…」

甘やかされてないお嬢の彼女は料理上手。
・三つ葉と焼き揚げの梅肉サラダ
・ささみの白スリゴマ和え
・春キャベツと卵のスープ
・帆立とキュウリとシソのコチュジャン風
・豚と南瓜とこまつ菜の炒め
常にフルコース。しかもかなり料亭の味。
「ワッコ玄米ご飯食べるっ?」「…うぅ苦し」「炊いたのに…」「明日食べるぅ」

お婆様の形見のお洋服を何着か頂いた。
お母様とSちゃん形見整理中に、二人で「きっとワッコさんは着てくれるわね!」と
私の為に取って置いてくれたそう。
仕立ては当時のオーダーメイドな感じ。生地もとてもいい。クラシカルで素敵なデザイン。
「大事に着るね」

大した事話してないのに、気付けば朝だった。
(ワッコ)

何故かか 2008,3,23
日記を書くのを意識して辞めてみた。
意識してやった事で、「面倒臭い」とかではない。
ここが自身の「ウザイ」部分。

まず「書かなきゃいけない」気持ちに囚われてると気付いた時にかなり不本意。
ある意味、失態。
こういう事から、私はどこまでも嘘吐きになれる人種であり、
それに実が無いのを、どこまでも知ってはいた。

嘘なんざ、全然どこまでも付ける。
実があるならやるけど。
ないなら、ねぇ?

後、そう。そう。
ちゃんと人の顔を見てじっくり話せるのがBESTと思った。
最強だった。

人とじかに話す。
まるで10代だ。
新しく仲良くなれた人。10年来の友達。ちゃんと話した。
思った事を聞き、思った事を聞いた。
「信頼」は誰がどうも動かせるものではなかった、と知った。

色んな人と日替わりで会って話す。だからスゴくわかった。
もうそれだけで、スゴい。
スゴくて、ビックリした。
(ワッコ)

ぶ〜ぶ〜 2008,3,22
愛しき舞踏を久っ々に観に行く。マキ&姫と。
お知り合いの田村一行さん仕切り!大駱駝艦@壺中天公演。
折角早めの来場をとメールを頂くが、勘違いしギリの到着。
しかも最前列。

舞踏を見てると赤ん坊になる。
笑って泣いて興味津々でキラキラする。
実は、世界で一番格好いい男の職業は舞踏家だと私は思う。
もし後世で男に産まれたら、舞踏家!

白塗りで眉剃りした丸坊主の舞踏家達は、
「魂の形」に似ている。
優れた踊り手は(田村さんと刺青の人)意識のない目をする。
ゾッとする美しさ。
舞踏は男の物だ。憧れる。歌舞伎もそう。
本当の「男らしさ」とは、妖艶さと儚さと激しさにある。舞踏は最適。
女に舞踏は似合わない。

関係なく見える場が、群舞や独舞で進行する、
少しづつ少しづつ時空が歪むように場がズルリと変って行く。
最後に鍵となる踊り手(田村さん)が再び現れた。
全てが繋がった?音楽もずれる様にじわじわと変ってたと気付く。
おわぁ!クライマックス。もう?
狂気が溢れ出て全て壊れて創造される瞬間。

いつもゾワァ〜っと背筋が粟立つ。いつも泣ける。

私:「やっと観れました!ずっと観たくて観たくて。」(←照)
田村さん:「多分2年振り位ですよね?」
私:「え!そんな経ちました?」
田村さん:「多分?」
私:「あの…色んな感情が噴出しました。凄く。」
田村さん:「有難う御座います」
私:「いつも最後で泣いちゃうんですよ私」
田村さん:(胸に右手を置く)「あぁ。それは、良かったです、ホント」
私:「観れて良かったです」
田村さん:「若い奴らにダメ出ししてって下さいよ〜」(←普通のアニキ)
私:「そんな止めて下さい。恐れ多いです。」(←超緊張)
舞踏家は私にとっては神の域。
本当に尊敬している。

帰り道は「格好いいな〜」「ホント格好いいな〜」のみの会話。飲みへ。
そして終電間近に、姫んちに泊まると決定。
明日仕事なので先に横になる。

姫:「ワッコさん日記更新してない」マキ:「う〜ん」
私:(ワハハ)姫:「ワッコさん起きてるの?」私:(アハハ)姫:「寝ていいよ」
私:(ハハハ)姫:「私ブログ書こっと!」マキ:「偉いね〜」姫:「だって楽しみに待ってる人いるんだもん」マキ:「私全然書いてないわ」姫:「ほら!もう6件もアクセスあったよほら」私:(へぇ〜)姫:「ワッコさん私のブログも見てくれてないしさっ」マキ:「ワッコはしょうがないよ」姫:「折角教えたのにっ」私:(ワハハ)マキ:「ワッコはそういう人だから諦めな」私:(他のサイト飛ばないもん)マキ:「ね?」姫:「だってこの前もタイトルだけあって待ってたのに結局日記書いてないしっ」私:「あれ見たの!」(←起きる)マキ:「ほら起きちゃったよ」私:「だってあのタイトルすぐ消したのに!」姫:「そうそう!タイトルも消えてたもんっ!」私:「1時間位だよあれ出てたの!」姫:(照笑)私:「何で見たの?」姫:「そりゃ更新しそうな時間にね…」
私:(へぇ〜)姫:「もう携帯で見れる様にまでしたから」私:(すごぃね〜)マキ:「ワッコのストーカーかよ!」姫:(笑)マキ:「私のブログは見てる?」姫:「う〜ん?」マキ:「ワッコだけかよっ!」

そんな感じで姫様の寵愛をぶ〜ぶ〜と文句で受ける中、
久々に日記を書いてみました。(照)
(ワッコ)

あっ 2008,3,18
TOP更新した。
(WACCO)

『大コスモル市』 2008,3,12
一応、5月企画公演タイトルと情宣文を発表してみます。

『大コスモル市』 @中野あくとれ

コスモルがあなたへお届けする、春のお祭りイベント市場へGOGO!
オムニバス・ショートショート・ノージャンル・スタイルで、
何もカンもALLありまっせやりまっせ!
目がチカチカして止まらない♪そんな極彩色のファンタスティックな2DAYS。
ねぼけた春うらら〜んなあなたさまを、
まさかの脳トレ?でガッツリと刺激しちゃいますゼェィ☆YEAHYEAH

(以下↓は付加CM)

2002年「コ、スモル展」以来のオムニバス春祭り企画なんで、
ネタ・脚本・一発芸・目立とう精神をお持ちのあなた!
出たいだけでもOK牧場。つまりジャンル問わず。
ムズムズそわそわしてる春先に、関わりを募集中。
是非、関わりましょう☆

(↑CMでした)

(↓以下ワッコ)
動き出してしまった。
春、参る。

♪それはそう〜それはあれだ。春の所為♪
(ワッコ)

FULL 2008,3,10
免許更新へ。違反者=運転免許試験場へ。

住所表示が変った為、イキナリ拒絶。
「近くの駅で住民票を取り14:30までに戻れ」と。
車で行き、一日700円のボッタクリ駐車場に停めたばっか。死にてぇ。
超絶キレつつ、住民票を取り、金ならやるよ!と金おろす。

無料駐車場5台待ち。またボッタクリ駐車場かよ。FxxKOFF。
やっと講習まで辿り着く。悪そうな奴多目。
着席し黒板みたら「違反者講習は2時間です」の文字。OHMYGOD。
最後で一番前に座らされた。
渡辺いっけいと前田光陽の出演する事故映画を観る。(前と違った)
講習はとにかく脅かされる。
酒気帯びは運転者50万〜で同乗者30万〜って改正初めて知る。ギャ〜!!!

新しい免許証は最高にキレたブサイク面。3年間最悪。ウギャ〜!!!

運転が恐い帰路。気分は最悪。
インターFMでチープトリックの「サレンダー」がかかる。
「MOMMY'S ALLRIGHTS?DADDY'S ALLRIGHTS?SURRENDER SURRENDER〜
DON’T KEEP YOURSELF AWAY〜!!!」(みたいな)
一気に回復へ向う。
インターFMでかかる曲は良い。その後レニークラヴィッツとかニルバーナもかかった。

ここから持ち直して、やっと5月企画の事も進められた。
情熱が足らん時はU2。機嫌直す時はチープトリック。
脱力する時はINXS。だろうか?

まさに、青春時代力。80年代MTV世代。
(ワッコ)

勘弁してよ 2008,3,9
疲れすぎた。
そのはずだ。
ムスっとしてると人に話しかけられる。昔から。
面白げに。私は楽しかない。何で?
周囲が図々しい。それもこんな時。何で?
もう構わないで。
勘弁して。
放っといて。
頼むから。
私を一人にしてくれよ。
寂しかったら連絡するから大丈夫だから。

疲れすぎた。
会話にもならん。
誰とも。
話した事もない人に髪型を褒められる。
「カッコイイ」「ははっ」(=会話でない)
一日5人に言われ軽く飽きる。「カッコイイ」
この語彙に飽きた。
ずっと言われてる。
別の言葉くれ。
助けてくれ。

同僚(幹事ボス):「じゃな。明日はゆっくり休もうぜぇ」
私:「もうヤダ全部」(=会話でない)

助けんなら癒して
癒せんなら放って
放らんなら黙って


私を自由にしてくれ
自由になりたい
自由になりたい
自由になりたい
自由になりたい

どこか凄く遠くに逃げたい気分
誰も追って来ない場所にひっそりと誰とも関係なく
地味に存在する




全然動かない関係さえない
なんとでもおすきにどうぞどうぞ

それでいい?
それでいい


(ワッコ)

W送別会幹事 2008,3,8
幹事ボスが私的事情でお疲れ。ならば、とサブ幹事に付く。
暴走してふと「え?独り舞台?」は苦手。
狡っからく、小サブ二名(協力者)を周囲に配置。
すぐ相談や、助けを頼める状態に。
一人じゃ何にも出来ない。

無理に何かやろうとしてると痛々しいのか絶対誰かが助けてくれる。
その感謝は忘れません。

早番遅番に出来る限り色紙を回し、隙間をシールで埋める。
休憩中に無理矢理色んな人に協力願う。寄せ書きは人数多い方が嬉しいからね。
一度、色紙が行方不明になり焦って早番さんの自宅にまで電話する。
次の日謝ったけど。
休みのはずが出勤になり、花束を休みの子に頼む。

店の予約なんざ幹事の仕事外。誰でも出来る。
幹事の決戦は当日。
そして、当日↓
安くなるチケットでも、たった2000円引きでまず悔やむ。
10人以上の会で、知らぬ間に遠いテーブルで新規注文してたので威圧。
「何でこっちにも頼む時に聞いてくれないの?」
「勝手に注文されたら平等じゃなくなるよ!」とかなり直球で言う。
『ピンポーン』て注文時に鳴らすチャイムを取り上げる。

そして私は皆が(楽しんでいるか)(盛り上がっているか)(料金分食べているか)(グラスは空いていないか)だけをCHECKしつつ、自分は残り物だけを食う。
更に、送別会の主賓二名(AちゃんとMちゃん)の様子を伺う。
ついつい仕事場の話になるのは、W送別会を行った意味が全くない。
私はそんなんは絶対にイヤ。
そんなんは最低の幹事。
勘定が上手く行かず、幹事ボスと俺で割り勘で500円多く払う。(泣けるぜ幹事)

どうにかせねば。

最後に〆で、
主賓の二人から、その場に居る全員へ一言メッセージをもらう。半ば強制的に。
Aちゃんが「もしMさんが上司だったら私は辞めてなかったと思います」
と言った。
Mさん(元上司)が「私もそれが本当に悔しくて仕方なくて」と言う。
Mさんがうぅっと目を赤らめた。
Aちゃんが「ごめんなさい。でもそれだけは言いたくて」
Mさんが「いいの。私もそうだったから」
私は驚いた。
二人には二人の深く永いつながりがあり、でも周囲は全く知らずにいた。
きっと二人だけが知ってたんだ。

全然回りに気持ちを出さない、この二人のやりとりで私も泣いた。

昨日は明日休みって言われて喜んで、
でも今日に明日出勤で明後日休みにされたから明日も仕事だけど。
仕方ねぇか。
ま、それなりの送別会には出来たかなぁ?(←仕切り反省含む)

ぷぅ
(ワッコ)

ちょっと心配 2008,3,7
先月事件を起こした売場へ、1ヶ月振りに配属された。
「え…もぅ解禁?」少し不安。
早退して寝込む程の精神的大打撃でも、
(周囲は忘れてる?)(自分も忘れがち?)
これが『日薬』(=ひぐすり)の力。
我が母の格言。

その売場でちょっと話せる販売員のNさんと偶然休憩が一緒になった。
もう4年は顔見知りの関係。
仕事中のヘラヘラは間違いを犯す。私は黙々と業務専念する不器用タイプ。

私:「久々にあそこ入った」
Nさん:「あれ以来?」
私:「うん。1ヶ月振り」
Nさん:「ちょっと心配してた。メールしたかったけど知らなかったから」
私:「あの後、早退して寝込んだ」
Nさん:「らしくない」
私:「ダメージに弱い。折れるとバキッといく」
Nさん:「誰かに聞こうと思ってもカバ女しか来ないし」
私:「…カバ女?誰?」
Nさん:「○×さん」
私:(爆笑)「似てる。受ける。やめて」
Nさん:「恐かったでしょ。しばらく」
私:「スゴイそう。ずっと恐くて。全員が全員そうかって居場所無いし」
Nさん:「そういうモンなんだよね」
私:「そうなの?」
Nさん:「皆そうだよ」
私:「そっか」

やっとメルアドを交換して、
『アドレス教えてくれてアリガトウ♪』と返信が来た時、照れ臭かった。
こちらこそ!
ちょっと心配しててくれてアリガトウ♪
そう返した。
(ワッコ)

おっせ〜よっと!!! 2008,3,6
色々な側面から見てどこを取っても私は遅い。
遅い話。

ゝ酣の12月公演の差し入れのお礼を職場の方にやっと配る。おせー!
後1週間で免許更新へ行かねば、失効する。おせー!
5月企画公演のタイトル〆切は2月一杯。おせー!
ぅ船薀軍┐郎週〆切?きっとおせー!

今日やっと気付いた。
私は仕事が出来ない人。優先順位の選択がまず遅い。
認知は人並。判断は早め。行動までが異常に遅い。
(こんな自己分析も既に遅くなる要因か?)
時間がかかるね…私は。自分に辟易。
ま、自分だから仕方ない?

たまたま一人で休憩中に販売員のおば様(スタークラブ=超売る人)と話した。
自然な言葉の美しさに目を見張る。(セレブ相手の商売はセレブ多目)
丁度、言葉遣いを直したいお年頃です。(芝居やり出して口が悪くなった)そう。
不自然に頑張る会話。
私:「お嬢さんのお式はどこで挙げられるんですか?」(う〜噛みそうっ)
私:「でもご主人がご理解なさって下さっているのならば、それはお嬢さんにとってきっと一番いいご縁ですよね?」(難しいっ)
一応、やればそれなりに出来た。

関西弁と標準語
英語と日本語
その位違うな
「お疲れ様です」とかもすっかり
「おつっす」「うぃ〜っす」「どぅ〜す」「ど〜も」とかに変えている。

<港育ちは口が悪いもの>だそう。
確かに江戸っ子の母よりも、濱っ子の父の方が断然口が悪い。
納得だ。
<あんべぇわりぃな>という父語は<按排悪い>と言う意味だった。
大人になって知る。

色々遅い。
(ワッコ)

クロサギってる、にんにくん? 2008,3,5
焼肉でニンニク(スライス&ホイル揚げ)+酒=胃が発酵。
吐き気な目覚め。
ドリアンなら確実にお前はもう死んでいる!

一本電車逃がし、超絶競歩で急ぐ。目の前のマダムが下り階段で転がり落ちる。
「足打ちました?」「立てますか?」と無事を確認し急ぐ。
やっばっ〜!!!禁断の近道でセーフ!

会社風の勤めをして気付く
(大きな事は小さく、小さな事は大きく語られる)保守観念。独特な思想だ。
助かる時も、迷惑な時もある。選ぶ自由も。

色んな状況を踏まえ、結局は同僚の友達Iと飲む。
I:(ぢ〜と見る)「ショートなの?ショートなの?」
私:「この頭さぁ…クロサギぽくね?」
I:(爆笑)「山ピーなのぉ!?」
私:「山ピーって。軽くね。色さぁ…ジャニ系のホストっぽくね?」
I:「…あっ」(深く頷く)
私:「私のカリスマ美容師がさ、嬉しげに(ユニセックスな感じだよねぇ)ってキラキラ言っててさ。
(女らしい感じで)って言ったはずなのに忘れられてた。でもま、いいわ。」
I:(声出して爆笑)(←珍しく)
私:「天才は感性で見るから仕方ね〜わ。ちなみに聞いてみたのよ。」
I:「何てっ??」
私:「(矢原さんはデジパーとかはやるんすかっ?)って」I:「うんうんっ」
私:「彼は一瞬硬直してから(…その前に断るからね!)ってスパっと言った」
I:「断るんだぁ〜っ」(←Iはデジパーの女)
私:「私は(矢原さんがデジパーしてたらショックなんで良かった)と言ったよ。」
I:「マキさん(←砂糖)はデジパー落ちちゃったの?」(デジパー仲間心配?)
私:「まだあんじゃないか?」
I:「私も最近まとめて下から持ち上げて乾かすとカールが出るってやっとわかったの。
私はこの二つカールしか出来ないけど、友達は5つカールも出来てるんだよ〜っ!!!」
私:「実際、マキにそんな手入れが出来んのか?」

そんな、話をね〜
呑気に、ね〜

それ以外はずっと「にんにくん」と呼ばれた。
話の途中にイキナリ「にんにくん?」と呼ばれ、「うぁっゴメン!まだ臭いっ?」
「でも今は煙草の臭いで平気」「つかどっちも結局は弊害あんじゃん」
「にんにくん?」「まだしてるのっ?昨日の夕方なのにっ!」
(くんくん)「もぅ嗅がないでいいからっ!」
「焼肉食べたってもっと言えば良かったな…」「皆わかってるからいいよ〜」
「そんなにっ!」「だって通った場所もわかったもん。」「そんなにぃ〜っ!」

う〜ん。
今日接した人たちにご迷惑をお掛け致しました。
にんにくん より
(ワッコ)

寒川神社 2008,3,4
やっと、本厄祓いをしに行った。
前厄祓いが節分か旧正月で切れてた。
気休めでも何でも!

神社は昔から土地の方位が完璧な場所に建つ。だからパワースポットになる。
本当は、天照大神の奉られた伊勢神宮が日本じゃ一番力のある神社。
川崎大師でもいい。(←マキんちの近所)
要は何でも。いい場所はいい。

玉砂利の上を歩き
白幣束をまとい
手を清める
まだ新しい神殿は素晴しく綺麗な木の匂い
立派な宮大工が仕上げたに違いない造り
直径3mの巨大な太鼓
檀家なのか「谷隼人」と書かれた一升瓶…(←先に行った同僚情報。)

姉に頼まれた御神籤をひき、私もひく。御守りも沢山頂く。
妙にスッキリ。
力がドンと抜けた感じが。

気になってたからかもしれないけど。
あそこなら明日も行きたい。とは珍しく思った。
(ワッコ)

斬る (←宿根日記さ。) 2008,3,2
今日はanniversaryの第一日目のハズだったのだけど・・・

去年の4月からライブへ通い始めて早1年。3月でファン一周年を迎えると言うことで(オンナは記念日にうるさいのさっ)、
先月最後のライブは私事都合によりお休みしていた私にとってそりゃぁ楽しみな行事だった。

まずは原宿で(まともに歩くのはほぼ初めて)色々なお店に目をくるくるさせ、思わず¥1500でチュニック購入。
可愛いわ安いわで既に満喫状態。ほくほくしながら原宿のカリスマ美容室へ行っていたワカさんと待ち合わせ。いざライブへ!

衝撃を受けたよ・・・
なんつうか「ヤサグレすぎじゃね?」「おびえてね?」「何があったんかい!?」な感想。裏校舎(学生?)へ引張ってって胸ぐら掴んで「何が言いてぇんだよ言ってみろっ」ってやりたい衝動に駆られた。
ファンとしては「こっちが裏切られました」的な悲しささ・・・。「若いから」で片付けたくないよ〜、同じ表現者としてね・・・
・・・1年通った理由も分からなくなっちゃうよー

直球しか投げられないので普段あまり発言をしないようにしている私です
(言うことを考えて言葉を選ぶ内に話題は先へ行っちゃてるのが現状だけどね〜)。頭の回転が遅いんだね〜

求めるものは純粋で基本的な物なのだけど、ファンの我儘なのかしら???
(めぐ)


ショートなのに10ヶ月美容院へ行かずロングになるなんて、私くらい…?
やっと、俺のカリスマ美容師の元へ。(CAOS@原宿・矢原氏)

漆黒の髪が10cm以上プリン化。
10ヶ月の漆黒部分を利用し、ハイブリーチ入りのメッシュを入れる。
矢原氏:「カットはやりながら考えようかなぁ」
私:「全然いっす。私もう髪型に夢も希望もないんで(笑)」
遥か13年前、シャギーボブで彼の実力に落ちた。
彼は、人の頭の形を感性で立体として捉える。かなりARTISTICな御方。

「今日4人カットしたけどそれ以上の量カットしたよ〜ほら見て!」(必ず見せる)
「ここんとこスゴイ短くしてもいいかな」(て言いつもうカット?)
久々に予定調和でない実力を見せて貰った。
この人は、私にとって、天才。

私:「これもうART入ってません??」矢原氏:「あ。確かにこれはARTの領域」
私:「しかもMODEも入ってます!!」矢原氏:「MODE入ってるねぇ」
私:「私そういうの大好きです。スゴイカッコイイ嬉しい。」矢原氏:「そうなの?」私:「矢原さんのカットは見る場所に寄ってニュアンスが違う。全然違うイメージに見えます。」
センスのない奴は物事を全て平面でしか捉えられない。

感性の成せる技と実力。彼は底力でヘアスタイルに夢と希望を与えてくれました。
実にお見事。
(ワッコ)

春の匂い 2008,3,1
昨日の夜中、春の匂いがグっと強まった。
春の匂い?
擬音化すれば、「へっら〜〜〜ん・・・ぽわぷわ〜ん」って風味かな?
奴が来る。すぐ近くまで来ている!

そして、早朝から再び眼科へ。
今日は何故か、子供と車椅子の患者さんでギュウギュウ。不思議だ。
一緒に手術したお婆ちゃんが息子さん(長男)と来てた。
母の点眼に異常に時間がかかり、1時間は患者さんをぼ〜っと観察。
寝れないけど、寝たかった。目を閉じて待つ。

昨日のお婆ちゃんが帰り際、わざわざ挨拶に来て下さる。驚いた。
小さな手を出す。無意識に両手で握る。
冷たくて皺々の手。
触っただけで、胸にお婆ちゃんの心の振動が伝わる気がした。
暫く、私の胸も震えた。
こういう時、人間の底力を感じる。

2時間ほど経過。帰宅。
元気な人を安静にさせるのがどれ程困難か。
整形外科の看護婦さんも同じさ。
キツかった。
ウチの母は4姉妹の末っ子。基本は我儘。大変。

一人っ子ムリ。私にはムリだよ!

結構、家出するか長期の旅に出るか留学したい位に疲れた。
ワーホリでも構わない。
逃げ場ないよも〜
(ワッコ)