コスモル日記

 

ホームページ

更新履歴

前の月

1月の日記

次の月

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

       

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

             

WS石橋クラス08年度旗揚げ解散公演 2009,1,31
いよいよ明日本番です。
上演は明日のみ!
マチネはSOLD OUT!ソワレは残席多少あり!
ご予約お待ちしております。(私のADDでもOK)

BABY−cosmol※shock
  「Green(C)OPERA?(グリーンコッペラ)」
※2005年度コスモル上演作品再演
作・演出:石橋和加子

キャスト(BABY−cosmol※shock)
  重原晶子・江浦静樹・石原友武・佐藤寛和・
  露木友子・先本将人・えんどうまめこ・石渡未紀
ゲスト(コスモル)
  砂糖マキ・宿根高生

日程 : 2月1日(日)
場所 : 北池袋・新生館シアター
      (東武東上線北池袋駅から徒歩30秒。改札左、サンクス右隣りの中村ビル2階)
開演 : 15:00/19:00
     ※受付及び開場は開演30分前
チケット料金 : 前売1800円 学生1000円
          当日2000円 当日学生1200円
     ※学生割は要学生証もしくは、学生服着用

チケット予約・問合せ : 螢哀蹇璽丱襯廛蹈献Дト
TEL:03-6457-6066 MAIL:info@global-117.co.jp
URL:http://engeki.ws

是非、皆の勇姿を御覧あれ♪

13:00〜ビデオダメ出し&抜き稽古
17:30〜前半のみ通し確認稽古
19:00〜休憩&確認
20:00〜ラスト通し稽古(音・小道具・衣装有)
21:30〜終了
22:00〜完全撤収

休憩中、明日の当日パンフのコメントを書く。
(当パンは無理にリクエストした。だってないと寂しいから〜)
皆が一生懸命、休憩中に稽古してる声を聞きつつ、コメントを書く。

途中、全部をちゃんと見終えた後に、異常に緊張した。
何で?と思ったら、私はいつもこの状態から自分の役者の作業をやっと始めるから。
『私は出なくていい。ここからセリフを覚えなくていいんだ』
と自分を安心させる。
でも、緊張は収まらない。
何で?あぁ、もしかしてこれが親心?なのかな。。。
とぼんやり思っていた

元々、心配症なので、心労は耐えないが。
家が帰ったら火事かもと想像するだけで、授業中に泣いちゃう小学生だったので。

明日は楽しいといいな。
皆も限界ギリギリのバリバリ頑張ってるから、楽しくなるといいな。
芝居の神様、皆にみなぎる力をよろしこ頼むっっす。

明日。
イビサ。
楽しみ。
実はスゲー楽しみ。
お祭りだ!

(ワッコ)

何なんだ。この雨は〜! 2009,1,30
WSの生徒さんらは皆、ちゃんとした社会人。
早めに来れる面子で、4時から稽古。(でも2名?)
車で小道具作成類や衣装を持参する。
何でこんな積み下ろしとかある日に限って雨やねん!
も〜。

照明さんと打ち合わせ。
20:00過ぎから、照明さんに説明しつつ、音響さんの音ありの通し稽古。
ちょっと「ひ〜っ」って思う出来栄えで、
(タイトな日程だから当たり前なんだけど)
どっこいどうにかして持ち上げなければ!と。
(でも大丈夫。明日一日ある。)

コスモル劇団員の砂糖&宿根と泊り込みで、小道具作業。
二人ともグッタリちゃん。
私は通しビデオのダメ出し作業。ビデオの面白い所を見せて元気付ける。
でも私も相当グロッキーである。

来期の話を事務所の甲斐さんに相談してしまったよ。
私:「キレてしまって、私は先生の器でないのかと。私は来期をやってもいいんでしょうか?」
甲斐氏:「他の先生方もちゃんと怒ります。怒り方はそれぞれですが。
石橋先生はストレートに怒っても、ちゃんとフォローしてるので大丈夫ですよ」
マキ:「そうだよワッコはフォローしてるよ。いつも」
私:「してるの?ホントに?」
マキ:「記憶ないのか?」
私:「カッとした後は、カッとした後悔と自責の念しかない…」

朝5時過ぎまで作業がかかった。皆に明日の時間外12時〜は自主練を願った。
自主練は本当に本当に大事だよ。。。

いい舞台にしたい。
皆、頼む!
(ワッコ)

ここからは、怒涛の嵐で御座います 2009,1,29
嵐の前の静けさ。
何だかちょっと怖い瞬間でした。

・コスモル常連の同僚ママSさん(姉と同じ歳)と珍しく組む。
長女が中2で反抗期なのよって話に。
私:「私もそう。朝に母がテンション高くて頭来て、後で反抗した事にワンワン泣いてた」
Sさん:「覚えてるの?」
私:「うん。私も中2だった。思い出すだけで泣けるゴメン。今泣いててゴメン」(泣)
Sさん:「反省してるのかな…?」私:「絶対してる。思春期は剥き出しなの。」

・平穏な仕事中。
願ってもない暇さ。
少しでも時間余裕がある時にと、受講生の一人づつへアドバイスを書く。
ここから先は時間ないから、一番大事な事をきっと伝えられなくなる。
作家の尋常な意識(演出家は別脳)がある内に、皆へ手紙を!

急に仕事が結構忙しくなった。けど、断固として続ける私。
これは逆境か?
最初、「私の自己満か?」と思いもす。
でも、役者が不安を抱えるのは普通だし、私が皆を心配して何が悪い!?と。
悪かねぇだろう。
親以外に心配してくれる人間が一人は居たって。迷惑は掛けんだろう。

・仕事終わって。
メールの嵐にメールの嵐で返しまくる。公園でビール飲みつつ。(家じゃ無理)
・チラシ絵の改訂版に、返信。

明日は4時から稽古。
車で色々と、色々と搬入するので、また色々大変やね。
では。
(ワッコ)

このお方こそが↓ 2009,1,28
一番最初にこのWSに入会して下さった方で御座います↓
WS写真館〜
江浦静樹こと、シズちゃん↓

強豪2先生との無料体験会にて、笹木先生も狙ってをる最中、何故かウチのクラスへ。
不思議だ。
この方がいると私は安心する。福の神のような麗しさを称えています。
今回、私がやった役をやってくれます。
宜しく頼むね★

(↓過去日記にもWS写真館UP中)

(ワッコ)

幻の石橋クラスよ! 〔WS卒公稽古Α 2009,1,27
BABY−cosmol※shock 稽古へ 15:00〜

16:00〜来れる面子で抜きで演出入れる。
17:00〜音響さん(次回本公演も担当)と打ち合わせ。
18:00〜音周りの切欠を見せる。
あまりにあまりで、泣きそうになる。
自主性と積極性のなさを、つい責めてしまう。
後から仕事を終えて駆けつけた方々なんか、いきなり攻められてしまってるし。

皆、一生懸命、稽古に来てるのに。
一生懸命、仕事しながら、やってるのに。
どうして私はそんな事を言ってしまうのだ?
私、クラッシュ!!!!!

事務所の甲斐氏にアドバイスされる。
「そういう時は怒らずに。でも怒るのも石橋先生のキャラなんだけど?
他の先生らそういう時にはこうされてます」
理解。納得。クールダウン。即実行。

自主稽古を促すリーダーを2名定める。
場転・小道具・立ち位置・動き・出ハケ回りを早巻きの全体でさらい確認する。

20:50〜荒通し稽古
タイムも計っており、なるべく細かな事を言わずに進む。
自分でわかっている事には、私は口を出さない。

皆のイメージトレーニングの深さ(メンタル最重要事項)によって
(ちゃんと見えているし、見ているよ。大丈夫。台本を大事に読んでくれて有難う。)
ちょっと笑いも起こるいい感じに進んでいる中、
レオ(前回出演)が自己中さで芝居の流れを壊す。(←私プチ半切れ…でも我慢。)
また皆が何とか持ち直して頑張って進む中、
再びレオ(前回出演・石原さん)が自己中の自己保身だけで滅茶苦茶に芝居を壊す。
私、再びクラッシュ!!!!!

スゲーキレちゃった。
机をバンバン叩いて、台本ぐしゃぐしゃにする程、キレちゃった。
石原さん一人だけに対して。
石原さん一人だけに対してです。

後にマキに「ワッコがあんなにキレる事滅多にない」と言われた。
メグ:「私もビックリした」 マキ:「皆もビックリしてたよ?」
私:「えぇっ!・・・あ!…そか。そうだ。皆は怖いよね。はは…そっか。」 
マキ:「あそこでキレた時、ワッコは石橋クラスを棒に振る気なんだと思ったよ」
私:「クラス存続よりも、芝居内の嘘を許せないのか…?私は…」

芝居の実力なんて私には関係ない。
心だけだ。
心しかない。
見えない心を表現する為に、芝居が生まれた。(石橋持論)
努力をしようとしない人間を私はどうしても好きになれない。
愛されるわけもない。
愛する努力をせずに、誰かに愛されるわけもない?
自分を買い被るなって話。

私は本当に怒った。
本当に怒ったんだ。
石橋クラスは今日怒ってしまって、幻のクラスとなった。
でも、絶対に反省なんかしねぇよ。
だって怒らす側(=レオのみ)に、200%酷い事を何度も何度も執拗にされ続けているからね。
酷い事平気ですんだよ。
怒って当然だろ。

死ね、レオ石原。クソヤロウ。
死なないだろうから殺す。
うんこ!うんこ!ウンコヤロー!
ばいば〜い!

PS:他の受講生様方はそのまま進んで大丈夫です。良くなっています。

<WS写真館〜レオと王子:左側にいるのが、私がキレた人です。(←まだ呑気)
右側にいるのが、可愛い王子です。
関係ないが、ツユッチに送って貰った今日の稽古写真はUP出来なかった。。。>

(ワッコ)

次回公演チラシ絵 2009,1,26
届いていたので、修正点を出す。

押しまくっていた、次回公演の詳細をやっと出す。
ちょっとWS公演と時期被ってるだけで、結構シンドイ。
必死で出した文章もいいのか悪いのか、わからず。

バイトの契約更新面接で地味に叩かれる。
素行不良ですいませんね?

給料出てた。それだけ救いだね?

<WS写真館〜王子:過去に王子役をやってたので、王子と呼ばれるお方。
最年少の25歳?である。ファンタジックでも、実は3人兄弟?の長男。
間違ったホスト風にハンサムで可愛いので、私は「ベイビィ」と呼ぶ。
私の作品を一貫して「安心する」と評価をしてくれるとても有難い男だ。>

(ワッコ)

次回公演チラシラフ 2009,1,25
届いていたので、OKを出す。

<WS写真館〜まめちゃん:A型。何と女社長さんである。美人でナイスバディなのに妙に3枚目。女子大出身らしく、女子校出身の私は馴染むお方。B型好きって事で一安心。>
(ワッコ)

マチャ&マキ 〔WS卒公稽古ァ 2009,1,24
(生徒の皆さまの写真を撮り送って!日記に載せたいから、と宿根に昨夜頼む。)
(沢山写真来たが、殆ど証明写真風だった。…結局は、再び砂糖に頼んだ)
(これは宿根も一番いいと言っていた写真)

BABY−cosmol※shock 稽古へ 13:00〜
私&マキ&メグ。呑気に早めのつもりな気分で10分前に登場。
CASTは全員完全に揃っていた。
俺っち大SHOCK!!!ヤバイ!!!
(早めに寝といて良かった…)

まちゃ、こと先本さま↓
初めて会った時「誰かに似ている?」と思った。
ウチの弟である。

セッカチな話し方・坊ちゃん・育ちの良さ・紳士さ・優しさも良く似ている。
安心します。
でも、弟(メタボな30歳)に比べたら申し訳ないが。

結構かなり長々日記書いたけど消えちゃったので、これ、ここまで。

(ワッコ)

幸運のふくろう 〔WS卒公稽古ぁ 2009,1,23
(お宝写真:受講生まめチャンのDAD撮影、見ると幸運になるハワイのふくろうです!)
(基本、ふくろうは夜行性なのに…素晴らしき写真!)
(とまってる姿も形もとても可愛い)

BABY−cosmol※shock 稽古へ 18:00〜
無謀と言えば無謀な試み?
本公演でやった台本をそのまま、やろうとしています。
本公演の稽古であれば3日掛かる所を、3時間で進めてる。
<やれる>と。<YES!WE CAN!>と思えたから、やる。

とかく、受講生の皆様への負担は常に気がかり。
色々ヘンな事ばっかやらせて(笑)申し訳ないっす。
感謝してます。
この因縁めく2005年の若く青い作品を、この世に再び復活させられる事。
本当に有難う。
信じさせてくれたから、この夢を実現出来るのです。

「いつでも相談や悩みがあればメール下さい」と珍しく長文メールした。(昨日?)
役者には絶対せんが(笑)
私がテンパっててご迷惑お掛けして色々申し訳ない。。。

マキんちに久っ々に泊まる。
語りたいのも山々だが、睡眠時間を計算して「眠くないけどもう寝る」と判断。
寝る。

(ワッコ)

2月ケツまでカッツカツのパンッパンだってばヨ!!! 2009,1,22
はっきり言えば、私の予定はある意味4月公演が終わるまでカンカンだ。
具体的には、2月末まで埋まっている。

だから、次回出演者との面談日にも難儀する。
コスモル会議だって、砂糖と長電話して解決する。
友達とのプライベートタイムさえ、1ヶ月前に断る始末。
答えられなくて申し訳ない。と心から思う。
要求に答えるだけで、私の頭は塞がっている。

自分の時間なんか全然ない。
あまりにも無い現状が続くと、怖い。
体を第一に考えている。それくらいしか出来ないしさ。

参りがち。
毛がドンドン伸びて、つるっぱげにしたい位だ。

では。
やらなきゃならんことを、します。

<WS写真館〜レオ石原:27日の日記で私に恨まれている男です。この頃は穏やかな笑みである。私に「私の前から消える上に、他で死んでて欲しい。」更にマキに「お前芝居辞めろ。又はサークル入れよ」と言われちゃった記念すべき人物。>
(ワッコ)

あれもこれも!そうだ、あれも! 2009,1,21
やっと何となく身辺を整理した考え方を出来る状態になった。
じゃ、今まで何なのよ!
まぁまぁ。

メールの返信を時間をかけて済ませる。
余りにも時間がかかる為(6件に2時間弱ほど。)
姉に「そんなに?そんなにもたくさんメールを返してるの!?」
と不思議がられた。
私も不思議ではある。
苦手なんだ。メールがよ。ふっ。

今日、やっと食べ物を美味しいと感じた。
つまり、味覚を感じた。
実はインフルってからずっと、味覚が無かった。

昨夜の最後の聖戦で、きっと何かに私は勝ったのね。
ホッとした。
良かったよ。
ふ〜。

<WS写真館〜砂糖マキ:面白い写真だな。私不在の演出家席にて。。。>
(ワッコ)

WS卒公稽古 BABY-cosmol※shock 全員集合! 2009,1,20
昨夜はインフルエンザと私の最後の聖戦だ。
寝ながら、悪夢と体と。とにかく何かと戦っていた。精神的に?(笑)

WS稽古へ。
ミスで当日にバタバタ稽古開始時間の変更連絡が伝わったが、
都内在住でない為、対処出来ずに口惜しく思った。
「もっと近ければ!」とは思いつつ、都内は住む場とも思えず難しい。
そんな今日この頃。
18:00開始。

一つ目のクライマックスの演出を付ける。
(実はもう一つ山場はあるんだが、今日は匂わせるのみに。)
台本を先に渡したからと言って、絶対に台本だけでは想像出来ない部分ばかり。
そんな私の台本。
台本を先に渡したからと言って、絵を想像できた人は8年目にして皆無だ。
客演100人?扱って来たけど、現在もゼロ人。
想像出来る台本って、一体…何?

困惑するしかない皆(当たり前)。
私:「あ。独特でホント御免ね…」と流石に皆様へ謝りました。

帰路、久々に品川ホーム上で1缶飲みをした。
貧乏臭くてかなり好きな行動である。
安っぽくて。安上がりで。
マキとメグなど、お尻が冷えるからか、稽古着のジャージを密かに座布団にしていた。
JRの駅員に怒られる。(毎度)
「あ〜あ、怒られちゃったよ」とか言いつつ去るのも馬鹿臭くて良い。

でも、歩くのはヤダから駅からは絶対にタクるけど。
お金の観念かなり可笑しいんだよね〜

<WS写真館〜ツユッチ:元・西森先生クラスの生徒さん。少年社中(毛利先生)の演出助手もしていたそうな。なぜ…石橋クラスに?今回ヒロインで御座います♪>
(ワッコ)

マスク 2009,1,19
基本的にマスクをしている。
眠るときも、誰かと話すときも。
「風邪ですか?」と一日5回程度は、誰かに聞かれる。

面倒なので、ほぼスルーするが、
時々面白くて「インフルエンザ明けです」と言う。
必ず相手は「えぇっ!?」と言いつつピョンと30cm、私から離れる。

実はこれがかなり楽しい。
だって皆絶対に同じリアクションなんだもん。
「あっ!ほらまた!」とか言いつつ、ちょっと反応を楽しんでいる。
わざと咳き込んでみたりすると、スリルは倍増。

便利だな。
これは。

全然知らん人に突然ベタベタ触られたりするのでね。

<写真:中1〜の同級生の息子ちゃま。(6歳)学級委員長だそうよ!>
(ワッコ)

突如解除 2009,1,18
なかなか、不安感が収まらず難儀した。
午後6:30、突如として解除された。
わ〜?

考え事がムヤミヤタラに増えると嫌な感じがする。
なるべく、なるたけ、SIMPLEで居たいと願っている。
心から、常に祈るのだ。
だから、何となくごちゃっとした感じになると、とても苦しい。
どうしてSIMPLEでなくなった?と悩む羽目になる。
混乱は、若い頃を凌ぐ辛さ。

困惑よりは、何かが起きてくれた方が助かる。
その方が余程
楽だと思うときもある。
(ワッコ)

姉妹でお呼ばれ 2009,1,17
姉と石垣で意気投合のN夫妻の家にご招待されました。
Nさんは元々、私のセレブマダム仕事友達です。
セレブマダムYさん(私と同期・Nさんと仲良し)もご一緒。

凄い大ご馳走だった。
久々に素晴らしいおもてなしを受けた。
(ピザ2種・マグロのかま焼き(←リクエストした)・じゃこお握り・シーフードサラダ・ローストビーフ・野菜のピクルス)
Yさん(コスモル常連〜SMASHより観劇)の持参した白&赤ワインが美味で効く。

パパは中村雅俊似のハンサム。
娘(長女は付き合ってくれた)はプロの美人ピアニスト。
(生コンサートでピアノ弾いてくれた。手が早くて目で追えなかった。)
(次女は本日誕生日で、彼氏とデートで不在。)
母のNさんは私のお友達。
同期セレブマダムのお友達Yさん、無理矢理誘った。
私の姉。
黒猫とブチ猫2匹。
私。
みたいな面子でした。

昨日の朝帰りが祟り、ロクに食えずロクに飲めない。
(ママのシフォンケーキとパパのコーヒーが登場。美味すぎ参る!)

引き止めては下さったが、KY我侭ちゃんになり帰ると言い張る。
今日の朝帰りが祟った。
祟りじゃ、祟りじゃ〜
申し訳ないっす。

帰って、余りにも疲弊しており、即寝る。

寝入り端と起き抜けに、不安の嵐に襲われる。
ちょっとガクガク震えてしまうほどの、嵐だった。
何だこりゃ?
(ワッコ)

WS卒公稽古◆。贈腺贈戞cosmol※shock 2009,1,16
今日は新年会をやる気満々で、電車でGO。

公演ってんで、更に再演は初の試みってんで、
更に初講師の卒業公演ってんで、実は結構テンパっているのも確かだ。
テンパる要素などいくらでもあるんだねぇ。
人生は摩訶不思議★

真剣になってはいけない。
皆に迷惑をかけるから。
私は真剣になるとどんな行動を取るかわからないから。
と、己を戒める。
でもどうやってもコントロール出来ず、バランスも滅茶苦茶だ。
そんな自分が実は本当に大嫌いです。

WS石橋クラス新年会@新大久保
Q1:〔2009で嬉しかった事は?〕
Q2:〔GREEN(C)OPERA?の台本の感想は?〕
色んな意見が聞けました。
ありがとう。意見聞くの大好き人間で申し訳ないッス☆

この前日、次回4月公演のチラシ絵発注をしました。

メグとマキとレオで二次会@川崎。
ベロベロのベロンベロン。
始発で帰る。

何か殆ど記憶薄いが、マキが「ワッコの台本に出たい」と可愛い顔でいい、
そんなマキを「おいで」と抱きしめて温めて、マキが何故か泣いて、
その傍らでメグはすっかり寝てて、レオは静かにしてて、
ビールをこぼした。みたいな会でした。

(ワッコ)

授業中に空を見て何が悪い 2009,1,15
ちょいと用事があり、小1からの幼馴染Gと電話で話す。
息子Yはピッカピカの1年生になった。
腹に居るときからかなり話し掛けてた、可愛い子。

私:「どう?小学校は?」
G:「授業中に空とか見ちゃうらしくて、凄い注意されるよ」
私:「え?親にわざわざ?」
G:「うん」
私:「そんなん気にしてんの?Yはね、思いやりがあってちゃんと人に気を使えるし凄く優しいんだよ。凄くいい子じゃんかよ!」
G:(笑)
私:「私は知ってるもん。ウチの芝居だって大人しく見れたしね!」
G:「説得力がある…」
私:「大体さ、日本の教育機関が同じ行動から外れると責めるのが可笑しいよ?一々細かく親に注意しやがって。
空見ていいじゃん。何が悪いのよ?
Yは一番大事なもんちゃんと持ってる優しいいい子なんだよ!だってそうでしょ?」(←プチ切れ)
G:「他の誰に言われるよりも、ワカコちゃんに言われると説得力がある…」
私:「え?そぅ?」(←まだキレてる)
G:「説得力があった…」(←まだ言ってる)
私:「旦那は?」G:「出張行ってる」私:「ふむ」G:「最近毎週出張なのさ」
私:「両親で無駄な心配すんなって話!」(←旦那にも一言言いたかったらしい私)
G:「まぁ私も空見ちゃう子供だったからさ」
私:「でしょ?私もだよ」

空見ちゃう子供同盟♪
幼馴染と、私。

悪かないでしょうが?
(ワッコ)

復帰 2009,1,14
会社の事情は、不況も赤字もある。
色々同僚に連絡を頼んだり、人が多くて休ませたい。
「心配してる」振り。安い芝居。

どう捉えるかは、個人の権限。
高熱で何かが焼かれ落ちたは、確かな事実。

ピンチの時の対応で、色々見えてくる。
つまり、つまるとこはつまるってな。

くしゃみと鼻水が残る、今日この頃。
(ワッコ)

WS卒公稽古 。贈腺贈戞檻磽錚鵤蹌錚譬Shock 2009,1,13
家族以外の人と会うのは、4日振り。
電車に乗るのが恐ろしくて、車で新大久保へ向かう。
第卦浜玉川出口〜三茶〜渋谷〜原宿〜新宿。小さな旅。
あれっ電車より近くないか?ちょっとラッキー♪

受講生の皆が到着する。
一人ひとりに、陳謝と新年のご挨拶を。
でもマスクは今日はまだ絶対に外さないゼ!

WS卒業公演稽古開始。
演目は【GREEN(C)OPERA?】(2005年コンクール優秀賞作品)
劇団名を BABY−cosmol※shock と名付けた。

皆は色々不安な所も多いのか、緊張しているみたい。
でも、大丈夫です!(←断言)
だから、楽しんで!(←更に断言)
こんなにも病み上がりの私が言うのだから、まず間違いないです。

劇団員の演出助手むし(ベトナムから帰国中)も遊びに来てくれたよ。
つい条件反射なのか、演出を一生懸命メモって手伝ってくれた。

帰りにマキとメグとむしでご飯を食べる。
凄い久々にちゃんとしたご飯を食べた。
でも何か味がしない?
病み上がりだからね…
(ワッコ)

とにかく長いな〜 2009,1,12
朝方、5度2分になってた。え?爬虫類?
意味がわからん。

母もようやく多少は落ち着いてきた模様。

私は未だにあまり食欲がない。
何となくシンドイぞ、と。

弟と電話する。
私:「お前が行った同窓会でインフルエンザの奴いたろ!誰だよ!」
弟:「渡辺が怪しい」
私:「まじ聞いといて渡辺に!」
弟は強度の抗生物質でインフルエンザを治したので、意味不明。
弟:「だから帰りの飛行機でスッゴイ酷かったんだって、周りの人に絶対うつした」
冷凍メスと冷凍ケンザンと冷凍カンナの話をする。(10日日記より)
弟:「そう。そう!そう!!!」
私:「やっぱり。」(大満足)

インフルエンザ・ファミリーの感想
弟:「今までの人生で一番辛かった」
母:「もう、二度と勘弁。来年は絶対予防接種するわ」
私:「拷問」

ちなみに父はちゃっかり予防接種していた。
姉は何故無事なのだ?

皆さんもお気をつけ下さい。
こんな恐ろしい病気、誰かにうつすなんて犯罪行為だよ!
(ワッコ)

長いな〜 2009,1,11
朝方、やっと6度3分まで下がる。ふ〜。

とは言っても、殆どロクに何も食えてない為か、体力ガタ落ち。
軽い咳と時々頭痛があり、耳鳴りがする。

ここも普通の風邪と違うけど、
スパっと治らない。

母も倒れてるので、洗濯物を干そうとしたら、
途中で休憩が必要な程の、消耗ぶりだった。

母は死んだ様に寝ている。山場だな…
(ワッコ)

パンデミック 2009,1,10
地獄の夜を過ぎ、朝起きて熱測る。37度強。
母も似た症状を訴えたので、病院を勧める。午前診療時間に出掛けた。

インフルエンザA型の症状。
・脳みそに冷凍メスを突き刺され続ける、頭痛。
・肩に冷凍ケンザンを刺され続ける、悪寒。
・下半身を冷凍カンナで削がれ続ける、痛み。
・熟睡不可能。

タミフルは最強のBADTRIPをもたらす薬だ。
わざとちょと時間をずらして飲んでみたりもした。
拷問。
起きてても体は地獄。
寝れば異常悪夢。

余りの辛さに、この症状を何かに例えるなら、どう表現すべきか?
絶対に覚えていてやる。
と記憶していた。(↑比喩すると上に書いた症状で御座います)

母も感染。パンデミック!

WS卒業公演の稽古初日の本読みをマキに任せる為、
説明ややる事のメールを調子がいい時に打つ。

夜半にやっと熱が7度まで下がる。

マキから終わって電話「どう〜!タミフルで飛んでる〜!?」
多分普通の高熱で風邪薬飲んだときの気持ちよさを想像してるんだろうな…
と思った。ハハハ…ハハ・・

違います。
(ワッコ)

感染列島 2009,1,9
朝、熱を測ると8度半ば。
「大した熱じゃないのに、何故辛い?」疑問は募る。

私は9度以上の高熱でも「お腹が空いた」という人間なのに?
食欲がない。風邪を治すのも得意である。何だこりゃ?

弟が医者の残り薬を全部持ってった為、仕方なく病院へ。
医者:「インフルエンザの検査するね」私:(必要ないよ。高熱じゃないし)
綿棒鼻に突っ込まれる(←凄い痛い)検査と思いきや、鼻をかむだけでOKだった。

医者:「あのね…インフルエンザA型に感染してます」私:「えぇぇぇっ…?」
妙にドラマチックな瞬間だった。
医者:「タミフルは飲みますか?」
私:「タミフル?タミフル…?何か障害が残るっていう薬でしたよね?」
(↑多分TVで騒がれたのと、ベトナム枯葉剤が交合している=動揺)
医者:「子供に意識障害が出てから、聞くようにしてるだけだよ。大人は平気。」
私:(しょ…障害?)「あ…あの…でも…どうしよう」
医者:「飲まないと漢方で1週間以上はかかるよ」(←脅し)
私:「しっ…仕事(沢山)あるので私は早く直したいので飲みます。」(←断言)

下の薬局へ
薬剤師:「タミフル飲んだ事ある?」私:(な、何故皆聞く?)「ないです」
薬剤師:「そう」私:(じゃぁ何故聞いた?)「何かマズイ薬なんすかね?」
薬剤師:「ティーンネイジャーの子にはね」私:「あぁじゃぁ私は…ねぇ」二人:(笑)
薬剤師:「飛び降りちゃったりしたから」私:「えぇぇ!!!」(ドキドキ)
(私は心がTEENAGERだから、大丈夫だろうか…)(←これ話すとマキは爆笑・私は大マジ)
「熱が引いて2日〜4日は他人と接しないで」と言われた。

今日のWSは無理だ。それどころか明日も無理だ。誰なんだ?私は。
今日は中止で、明日の初本読みはマキに頼む事となった。

バイト先にも電話。
私:「昨日早退したでしょ?今日病院行ったら、インフルエンザA型だったんだ」
職場:「え〜!」私:「ビックリした…」
(私は当然、心配されると思ってた。仮病じゃねんだからよ!)
職場:「あ〜あ〜。おぃお〜ぃ」
私:(?)「日曜までは休みを貰えたら、月曜は人いないって言ってたから何とか…って思って早めに電話したんだけど」
職場:「インフルエンザは医者の完治証明がないと職場復帰出来ません」(超早口)
私:「証明?治ってももう1回証明貰いに医者に行かなきゃ行けないの?」
職場:「そういう事」私:(衰弱)「わかった。じゃ水曜復帰目標かな?」
職場:「その位はかかるだろうね!」
私:(悪化)「ご迷惑かけて申し訳ありません。弟にうつされたので会社側には広めてはいないとは思うから大丈夫です。」
職場:(はっ)「…お大事に…」
電話を切った後、本当に嫌な気分だけが残った。

帰宅中の姉にその話をすると
「なんじゃそいつ。そいつにインフルエンザうつしてやれよ!」と姉はキレた。
甲斐甲斐しくも、無邪気に看病しまくるので、
「私にあんまり近付くな!」「だからマスクをしろや!」と私もキレた。

インフルエンザは酷い病だ。タミフルも酷い。
あれになるなら、風邪の9度熱3回を選ぶな、私は。
(ワッコ)

早退 2009,1,8
出勤前「熱あったら休もう」と思うが平熱。
何とか出勤。即、早退を願う。
どんどん辛くなり、無理言って夕方早退。
歩くのも辛くて、タクって帰宅。

ビタミンCと風邪薬飲んで寝る。熱は何度測っても7度半ば。
微熱のくせにキツい。なんだ?

高熱出してタイへ帰国した弟の風邪がうつった?
とりあえず明日はWS初日なので、一応早めに具合を報告し、
強い抗生物質をもらい、寝まくる。
(ワッコ)

どうしたら 2009,1,7
真っ当な生活を出来るのか。
全然わかんないや。

先の事ばっか考えてて、全然余裕が無い。
具合悪くて咳出て喉から血も出てるけど、明日は休めない。
痛い。
自分が最近とてつもなく痛い。

マキとメグと友達Iの誕生日プレゼントも買えてない。
ショートだった髪は勝手にロング。
久々の友達の誘いさえも断りまくり。(1ヶ月前じゃないと無理!とか)
貧しい。
夢など追うなかれ。地獄を見るぞ。

しかも一番嫌なのは、性格が悪くなった事だ。
他人に嫌な事を沢山した気がする。し続けている気もする。

転機か限界か不明。

どうしたらいいのかも不明。
(ワッコ)

伯父の御通夜 2009,1,4
従兄弟に受付を頼まれたので、早めに斎場へ伺う。そんな石橋姉妹。

電車内での石橋姉妹は語る。
姉(A型):「祖父が死に顔を見ない人だったから、父も見ないかもしれん」
妹(B型):「何で?」姉(A):「元気な時を覚えていたいかららしい」
妹(B):「でも御霊送りは関わった人間の責任だよ!」(←熱弁)

そして受付に奮闘して悲しむ暇もない私と姉であった。
かなり忙しかった。

1週間前に見舞いに行った時に、帰り際。
皆で病室の外に出た後、伯父さんが寂しいだろうなと思った。
私は「またね!」と一人で病室へ戻って伯父と握手をした。
病床にあれど、とても大きな骨太の手で、ギュゥと握り返してくれた。
凄く強い力で。
とても温かくて強い包み込むような手だった。

(ここ迄書いて、久々にしゃくり上げる程の号泣していた:後日談)

父は御棺の伯父さんをぢ〜っと見てた。
私:「滅茶苦茶見てるけど」姉:「見てるね…」

エンバーミングという血液を入れ替える効果が主流で、最近はドライアイスは使わないらしい。2週間はそのまま。って割には、日々顔は変わっていく。そうだ。
独特の死臭も全くしなかった。
実感も全くないけど。

あの。
大きな手に触れたくて、触った。
暖かくて強い手は、冷たくて重い手に変わっていた。
1週間前は握り返してくれたのに。

私にはそういう事がよくわからない。
多分ずっとわからないと思う。

(年明け早々日記暗め続きでソーリー!)
(ワッコ)

2009,1,3
(私の絵心のたしなみはこんなん)

ようやく、姉と喧嘩をせずに済んだ。
私はとにかく揉め事が嫌いな上に、嘘も塗り固めるのも嫌いなので、スンマセン。
よくぞ今までここぞとばかりに実直に生きた。
個人的な正義と哲学を貫く人間に。
私は真っ向から、バチンとなりたい。

(昔からヘンとか言われ慣れてて、別に評判とかどうでもいい)

私は誰よりも普通です。
おかしいのは他の人です。

OH!クレイジー★

聞くよ。
そんなに自分の事しか考えられないの?
それで幸せを感じれました?
(ワッコ)

CHIKEN OR CHICKEN? 2009,1,2
今日から初売り仕事初め。
ちなみに、年賀状もまだ未発送。あけおめメールも未辺信。

昨夜の夜中3時に、先日見舞いに行った伯父が亡くなった。
と出勤前に母に聞いた。
職場でずっと「どうしたら姉と喧嘩をせずに済むのだろう」と考えた。
諦めも妥協もせず人格を認め、意識を変えるなど短絡的な思考でない状態を。

「明日は伯父の御通夜らしい」と職場の同僚(一回り上)に言うと
「この時期亡くなると斎場開いてないから冷凍保存だよ」と断言される。
全てが悲しかった。
でも、私が悲しいか悲しくないかなど、誰も気にしなくていい。
誰も気にしてないから。

まず、スルーする〜。

(2008・12・31:
海外生活10年近い弟の「チキン」のスペルの間違いを指摘した私)
(私:「Cがないよ」弟:(ネットで調べまくる弟君))

CHICKEN
だよね?

弟:「NZもTHAIもスペル弱い人が多くてサ」
私:「口語は仕方ないよ。だから英検準1級とかスゴイって事だわ。」

弟は翌日本を沢山購入した模様。
でも「何の本買ったの?」と聞くと教えてくれなかった。
(ワッコ)

あけましておめでとうございますことしもよろしくおねがいいたしまする 2009,1,1
あけおめ。ことよろ。

弟がタイの職場で使うノートをたくさん買って、
「表紙に絵を描いて。俺は絵心ないから」と言われた。
左ノートはぺんてる筆ペンで書いた。
右ノートはマニキュアで書いた。
モチーフは「弟が2008年大晦日に書いたANIMALSの模写」である。

左上より、右下へ。右流れでモティーフ解説を。
シャンパングラス・クリームボトル・トリ・ウサギ・にんじん・うま。
右端(PLAIN・ANIMAL?STYLE)=「これが基本形でどんな動物にもなる」そうだ。
ねずみ・愛犬HAWK(「海賊かと思った」母談)・イルカ。

右下のは黒マグロであり、イルカではない。
私(熱弁):「馬とイルカとカラスは描くのスッゲー難しいんだよ実際。流線型で」
マキは知る話だ。小道具的に。

また夜に姉と喧嘩した。
何なんだ、一体?
どうして一年一回の1週間さえ仲良く出来ないんだ?
もうやだ。
(ワッコ)